春日山親方の辞任勧告の本当の理由は?指導能力が問題だったの?

この記事は3分で読めます

春日山親方 画像

春日山部屋の春日山親方が、12日に日本相撲協会から師匠の辞任勧告を

受けていましたが、19日に勧告を受諾し、師匠を辞任したそうです。

 

辞任勧告の理由は、臨時理事会で「不適格だ」と判断されたからだそうですが

なんだか理由が不透明でモヤモヤした感じです。

スポンサードリンク

春日山親方の辞任勧告の本当の理由は?

現春日山親方が辞任勧告を受け入れたようですね、、、

 

もし辞任を受け入れなくても、協会は現親方との力士の人材育成に

関する業務委託契約を解除され、強制的に師匠の立場を解かれるので

どっちみち親方を続ける事は無理だったんです。

 

まあ、実質「クビ」って言う事ですが、春日山部屋が無くなるのは寂しいですよね。

 

ニュースでは、春日山親方が辞任勧告された「不適格」という理由に

納得していない人も多いようです。

 

辞職勧告撤回の署名運動も起こっているそうですね。


今回の問題は、弟子たちが本当に可愛そう過ぎます。

 

もうちょっと…なんとかならなかったのかな、、、

これが原因で引退も考える弟子が出てしまうことが何よりも悲しいです。

 

日本相撲協会いわく、辞任勧告の理由として

「春日山」の年寄名跡証書未所持という無免許状態に加えて、

秋場所で1日も稽古場に来て弟子を指導しなかったことなどが発覚したため。

だそうです。

 

まず年寄名跡証書って何なのかですが、年寄の名を襲名する権利で

年寄株、親方株とも呼ばれています。

 

年寄を襲名していると、日本相撲協会の役員になったり、

相撲部屋を開けたりするんですが、現春日山親方はそれを持っていなかったわけです。

 

だったら「襲名したらいいじゃん」って思うでしょうが

襲名条件がいくつかありまして、現春日山親方は条件を満たしていないため

残念ながら年寄名跡証書を所持出来ないんです。

 

なので裁判で先代親方に年寄名跡証書の引き渡し対価として

1億7160万円を支払うことを命じられていましたが、

それを拒否していました。

 

まあ、そんなお金あるわけないですよね、、、

 

そしてこれが角界の闇の一つ。

 

親方株を金銭でやりとりするのは禁じたはずなのに

未だまかり通っているんですね、 相撲協会の闇は根深い。

 

指導能力が問題だったの?

年寄名跡証書の問題以外にも、

「誠実に弟子を指導し、面倒を見ているとは思えない」と

判断された事も原因となっています。

 

これって、弟子が声を上げて訴えているなら分かりますが

移籍を拒否する弟子がいるぐらい信頼は本当に厚い。

 

なので、ほんとに指導してなかったの?って思いますね。

 

日本相撲協会の言いがかりのような気もします。

 

 

春日山親方の最高位は平幕で、現役時代は強かったわけではないです。

 

なので「現役時代に三役以上でないやつは親方にするな」みたいな意見がありますが

個人的には、まあ何とも非常に遅れた考え方であるなと。

 

「相撲の強さ」と「人間性と指導力」なんて全く別物ですよね!?

 

強い力士が強い弟子を育てられるのなら、今頃貴乃花部屋はすごい力士ばかりでは?

 

野球でもそうですが、名プレイヤーが名監督になるわけではないですからね。

 

それに、ここまで川崎市と地域密着で連携取れ、

川崎フロンターレともコラボできたのは親方の手腕だと思います。

 

だから川崎市民から慕われ、署名運動も起こっているわけです。

 

なので、所属部屋の力士を信じて、協会は再度検討して欲しいですね。

 

まとめ

個人的には、お金が払えないから協会によって陥れられたと思っています。

 

力士がどうしたいか、どの師匠の元でやりたいと言ってるのか、

協会にはちゃんと考えてもらいたいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 野村大樹 画像
  2. 熊切あさ美 画像
  3. エバン ダンフィー 画像
  4. 白井健三 画像
  5. 岡村真由 画像
  6. 近藤亜美 画像
    • ε-(´・`)
    • 2016年 10月20日

    > 親方株を金銭でやりとりするのは禁じたはずなのに
    > 未だまかり通っているんですね、 相撲協会の闇は根深い。

    これは間違いです。この問題を論じるに時系列を無視してはいけない。

    日本相撲協会が年寄名跡の売買を禁じたのは2014年1月以降。
    春日山の継承はそれ以前の2012年のことです。そして元濱錦が先代に名跡証書引き渡しを求めて川崎地裁に提訴したのが2013年11月のこと。

    相撲協会は現ルール適用のため、全ての親方に名跡証書の提出を求めましたが、春日山親方にはそれが出来なかった。しかしこの事情ゆえに提出を猶予していたんです。

    しかしこれは、自動車の無免許運転を認めるも同じことです。

    で、今年、川崎地裁は「名跡証書を1億7000万円と引き換えに受け取りなさい」という判決を出したんですが、先代は一括払いを求めてきたそうです。分割ではダメだと。それで元濱錦が東京高裁に控訴することとなり、待たされてきた協会が業を煮やした形です。気の毒なんだけど、これ元濱錦が相撲協会の顧問をしていたK林慶彦(パチンコ裏金疑惑のある人物で、相撲協会から追放済み。今、貴乃花一門のタニマチ)という人物に泣きつき、名跡証書再発行を一度させちゃったことも不利に働いたと思います。

    また、現ルール以前の年寄株高騰問題にも理由があります。
    年寄名跡を単に指導者資格と考えている方が多いようですが、古来、年寄名跡を継ぐ弟子には師匠と養子縁組するか娘婿になるかして、引退した師匠とその家族を扶養する義務がありました。今も師匠の娘さんと結婚して後継者になる方は時折ありますが、それを一時金で済ます時代になったのです。売る側にとっては「弟子の扶養を受けずに一生暮らすお金」です。高く売りたいのは当たり前で、そのこと自体を「悪」とか「闇」と断じることは無理でしょう。

      • shin-shin
      • 2016年 10月20日

      ご丁寧に教えてくださりありがとうございます。勉強不足でした。こんな複雑な状態になっていたんですね。

    • ε-(´・`)
    • 2016年 10月22日

    あと、いろいろ勘違いしている人が多いようですが、元濱錦の扱いは、出身の部屋である追手風部屋の部屋付きとして親方の修行をやり直せというもの。

    以前の木瀬部屋の扱いと同じことです。

    東京高裁に控訴した元濱錦の勝訴の可能性は薄いです。
    先代はスキャンダルで相撲協会を退職していますが、懲戒解雇(破門)ではないため相撲協会は証書を取り上げていません。そして逆に見れば、先代はこの弱みに付け入られ名跡強奪を図られたことになります。川崎地裁は先代の主張を認め、(現ルール以前のルールに基づき)証書は1億7000万余と引きかえという判決を出しています。

    また先代からは、元濱錦が前述のパチンコ闇金疑惑の人物に名跡の再発行の手配をしてもらった件について日本相撲協会に調査を求められていることも付記しておきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「more!more!more!」とは!?

このサイトは「もっと知る”」「もっと詳しく」
「もっと賢く」をテーマに運営しております!

世間の疑問や悩み、役立つ情報などを
分かりやすくお届けします。