ヒラリークリントンの病気はパーキンソン病?倒れた時の動画がヤバい!

この記事は2分で読めます

ヒラリークリントン 病気 画像

アメリカ民主党大統領候補であるヒラリークリントンさんが

同時多発テロ式典中に倒れ病院に運ばれた事が話題になっています。

 

こんな大事な時期に倒れるなんて、この先大丈夫でしょうか!?

 

以前から病気で「パーキンソン病」ではないかと言われていましたが

今回倒れた事と何か関係しているのか気になりますね。

 

倒れた時の動画も紹介します!

スポンサードリンク

ヒラリーが倒れた時の動画がヤバい!

次期大統領最有力と言われている、ヒラリークリントンさんですが、

ここに来て雲行きが怪しくなってきました、、、、

 

9月11日に行われた、同時多発テロ式典中に熱中症で

病院に搬送されたとニュースで報道され、アメリカだけでなく

日本でも心配の声が多く聞こえています。

 

公式発表では熱中症のようで、もう回復して大丈夫とのことですが、

以前から体調不良などが心配され、病気なのではと報道されています。

 

無事に”史上初女性大統領”になれたとしても、任期を全うできるんでしょうか!?

 

 

映像だけ見ると、1人では立っていられない状態で、かなりやばそう、、、汗

 


これでトランプ氏の大統領就任とかなったら、大変なことですね、、、

 

 

過去の物も含めて病気を疑われるような動画が出てきてますが

「熱中症です、もう大丈夫」で済む話ではなさそうな気がします。

 

暑さが原因でも持病でも、他の候補者は倒れてないので

ハードワークに耐えられる体力がないってことは間違い無さそう。

ヒラリークリントンの病気はパーキンソン病?

アメリカの医師の間で今1番、疑惑がある病気がパーキンソン病だそうです。

 

パーキンソン病の症状は、主に手足がふるえる(振戦)、動きが遅くなる(無動)

筋肉が硬くなる(固縮)、体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)、といった症状がみられます。

 

徐々に症状が進行し、10数年後には寝たきりになる患者さんもいます。

 

高齢者に多い病気ですが、その発症は50代からと言われています 。

 

 

シークレットサービスがリークした情報によると、

ヒラリーはパーキンソン病を患っており、カメラのフラッシュで発作が起こるそう。

 

病状は日々悪化しており、数か月前から何回も発作が起きているんだとか、、、

 

 

ヒラリーは現在68歳で、日本で言うところの団塊世代。

 

かりに行政する上で”致命的な”病気を持っていても、

なにもおかしくないと思いますが、大統領が勤まるのかは疑問です。

 

やはり本人が、パーキンソン病の報道について否定をしていないのが気になる点ですね。

 

このままヒラリーが大統領選続行不可ってなったらサンダースが復活でしょうか?!

 

 

まとめ

ともあれアメリカにとって極めて重要な式典を健康不安で最後まで

勤められなかったのは大きく、今後に影響してきそう。

 

これは厄介なことになりましたね、、

 

ヒラリーさんを見る限り、パーキンソン病の症状が見られますが、

デマであることを願っています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 南海トラフ 画像
  2. ゴールデンウィーク 画像
  3. 吉高由里子 画像
  4. 井深克彦 画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「more!more!more!」とは!?

このサイトは「もっと知る”」「もっと詳しく」
「もっと賢く」をテーマに運営しております!

世間の疑問や悩み、役立つ情報などを
分かりやすくお届けします。