ファンニーケルクのプロフィール!世界新記録でドーピング疑惑か?

この記事は3分で読めます

ファンニーケルク 画像

リオオリンピック、男子400メートル決勝でファンニーケルク(バンニーキルク)が

43秒03の世界新記録でぶっちぎり優勝した事が、話題になっています。

 

これは17年ぶりの世界記録で、誰も予想していなかったでしょうね!

 

ファンニーケルクとはどう言った人物なのか、プロフィールを紹介します!

 

スポンサードリンク

テニスの錦織選手が銅メダル、ボルト選手が100mで五輪3連覇など

リオオリンピックニュースが話題になっていますが、ファンニーケルクを忘れては行けません。

 

99年にマイケル・ジョンソン(アメリカ)が記録した43秒18を塗り替え

43秒03の世界新記録で優勝しました。

 

ボルトが凄すぎて、そっちばかり注目を浴びており、ファンニーケルクの世界新記録が

ほとんど話題になっていない事に驚いております!笑

 

これ、もっと話題になっても良いニュースなのに、サラ〜っと流されている気が、、、汗

 

皆さんは、ファンニーケルク知ってましたか!?

 

彼が世界新記録を塗替えるとは誰も思っていなかった、っというぐらい

ほぼノーマークの選手だったと思います。

 

僕は、2015年の世界陸上で初めて見て名前は知ってたんですが

今大会で「400mの帝王」と言われていたMJの記録が破られるとは思ってませんでした。

 

MJ凄く好きだったので、残念な気分でもあります。

 

ファンニーケルクのプロフィール!

ファンニーケルク プロフィール 画像

 

名前:Wayde Van Niekerk

生年月日:1992年7月15日

出身地:南アフリカ(ケープタウン)

身長/体重:183cm / 72kg

 

2016年現在、24歳でまだまだこれからが楽しみな選手。

 

日本では「バンニーケルク」や「バンニーキルク」など、

様々な呼ばれ方をしていますが、いい加減呼び方を統一して欲しい!笑

 

リオオリンピックにも出場しているラグビー南アフリカ代表のチェスリン・コルベとは

従兄弟で、中学の時には同じチームで一緒にラグビーをやっていたのだとか。

 

その後、奨学金でグレー・カレッジ高校に進学し2009年の終わりに

本格的にスプリントのためのトレーニングを開始しました。

 

2011年に全国の200mのタイトルを獲得しながらも、怪我に苦しんだようです。

2012年に彼は400メートルに切り替え、リハビリにも時間を費やしたそう。

2013年6月にはオストラバで400メートルで自己ベスト45.09を記録。

 

2013年8月のモスクワ大会で46.37 、2014年9月のモロッコで45.27

2015世界陸上・男子400m決勝!・バンニーキルク43.48秒の好タイムで優勝しています。

 

着実に実力を付け、記録を伸ばしてきているのが分かります。

 

それにしても、今大会の43秒03は早すぎるような気がして

ドーピングを疑ってしまうレベルです。

世界新記録でドーピング疑惑か?

今大会の記録があまりにも早すぎた為、ネットでは早くも

ドーピングしているのではないかと言う疑いを持たれています。

 

彼がドーピングだと疑われてる理由としましては

・ゴール後に全く喜ばなかったこと
・43.48から43.03と記録が伸びすぎてること
・過去の実績が少ないこと

 

確かに年々記録が早くはなってきていますが、ほぼ不可能と言われていた

MJの記録より0,15秒も早いんだから疑っちゃうのも分かります。

 

また、2位で銀のキラニジェームズ43.76秒、

3位で銅のラショーンメリット43.88とくらべてもダントツの走りでした。

 

 

前半からあんなに突っ込んで、最後までスピード落ちず。

 

何でラスト失速しないんですか?ってテレビの前でツッコんでいましたよ!笑

 

100mを9秒台、200mを19秒台、300m通過が29秒台で走っていたようで

速すぎて本当に意味わからないですね、、、、

 

体力がハンパないのかな!?

 

 

レース後のインタビューでは「世界記録を出せると信じていた。

長い間、このメダルを夢見てきた。本当に幸せだ」と語っています。

 

凄い自身があったのも怪しまれる部分で、世界新記録を出したのに

ほとんど喜んでいなかったのが、かなり印象的でした。

 

普通、オリンピックで優勝して世界新記録だしたら、めっちゃ喜びません!?

 

そういうクールな性格だったら仕方ないですが。

 

 

この感じで行けば、近々42秒台も夢では無さそうですね◎

 

まとめ

さすがにすぐバレるようなドーピングはしてないと思いますが

あまりにも速ぎて皆が疑ってしまうのは頷けます。

 

これから他の大会でも同じような記録を出して行けば疑いも晴れ

マイケルジョンソンのような偉大な選手になっていくでしょうね。

 

東京大会までにどれだけ成長するのか楽しみです◎

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 美浜アメリカンビレッジ 画像
  2. シャリコーラ 画像
  3. 橋本聖子 画像
  4. USJ ハリポタ  画像
  5. 飛び込み 画像
  6. 新庄剛志
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「more!more!more!」とは!?

このサイトは「もっと知る”」「もっと詳しく」
「もっと賢く」をテーマに運営しております!

世間の疑問や悩み、役立つ情報などを
分かりやすくお届けします。