ゴールデンウィーク(GW)北海道旅行の穴場スポットを紹介!

この記事は19分で読めます

ゴールデンウィーク 画像

4月末〜5月初めにやってくるゴールデンウィーク

 

 

今年はGWに北海道旅行を計画している人が多いそうですが、

旅行のプランで悩んでいる人もいるのではないでしょうか!?

 

 

北海道と言っても広いので、どこに行こうか迷いますよね。

 

 

今回は、北海道の穴場スポットを紹介したいと思います!

スポンサードリンク

 

今年のゴールデンウィークはいつから!?

 

2016年の今年は、4月29日からゴールデンウィークが始まります!

 

ゴールデンウィーク 画像

 

 

もし、平日の2日と6日に有給を取得出来れば

なんと最大10連休になります!

 

 

 

仕事が土日に休みじゃない人はあまり関係ないかもしれませんが

それでも祝日が3日間ありますね☆

 

 

今年は国外よりも国内旅行の方が人気が高いようです。

 

 

オススメはダントツで北海道!!

 

 

何回も行った事がある人王道な所は避けたい人の為に

穴場のスポットを紹介したいと思います!

 

 

 

北海道旅行の穴場スポットは!?

 

北海道と言えば、札幌、函館、小樽が王道だと思いますし、

北海道に1、2度行った事がある人は、ほとんどが行ってると思います。

 

 

札幌、函館、小樽のおすすめ観光地についても、別記事で紹介したいと思います。

ゴールデンウィーク(GW)北海道の見所おすすめ観光地はここ!

 

 

なので、この記事では

・「ニセコ・洞爺・登別」

・「富良野・美瑛・旭川」

・「十勝・帯広」、

・「釧路・阿寒」

・「知床・網走」

・「稚内・利尻」

と、地域ごとにおすすめスポットを紹介したいと思います!

 

 

 

ニセコ・洞爺・登別のおすすめスポットは!?

 

3エリアとも北海道を代表する温泉郷です。

 

 

高級旅館から施設充実のホテル、ひなびた温泉宿まで、

多種多彩な宿泊施設が選べます!

 

 

アクティビティを満喫するならニセコ

自然景観を楽しむなら洞爺、登別がオススメです。

 

 

 

・ニセコのおすすめスポット!

 

ニセコの人気アクティビティと言えば、やはりラフティングです。

 

ニセコ ラフティング 画像

 

特に、急流や岩場などの難所越えは迫力満点!

 

 

 

・NACニセコアドベンチャーセンター

NACニセコアドベンチャーセンター 画像

雪解け水が豊富な春はスリリングで、

夏から秋は周囲の景色を楽しみながら、

ちょっとのんびりした川下りが出来ます。

 

NACニセコアドベンチャーセンターなら

ガイドの指導で安心してチャレンジ出来ます。

 

料金は1名6150円で、所要時間が3時間30分

開催時期は4月上旬〜11月上旬まで。

 

詳細はこちら

NACニセコアドベンチャーセンターのHP

 

 

 

・ニセコビレッジ「ピュア」

ニセコ ツリートレッキング 画像

 

 

その他には、ツリートレッキングもオススメです!

 

 

高所の木々を利用した巨大なアスレチックで、

地上3〜9mに配した、吊り橋やロープを渡り歩くものでスリル満点。

 

 

専用の安全ベルトを装着するため、

ワイヤーにぶら下がり空中移動するドキドキポイントなどを楽しめます。

 

 

これは、ニセコビレッジ「ピュア」で体験出来ます。

 

 

料金は一周1名2300円で、所要時間は30分〜1時間

 

 

開催時期が4月29日〜5月8日のゴールデンウィークにも

やっているのでピッタリですね☆

 

詳細はこちら!

ニセコビレッジ「ピュア」のHP

 

 

 

・大湯沼

大湯沼 画像

 

周囲およそ200m、底から毎分約1000ℓの温泉が湧き出す沼なんです。

 

 

湯気が立ち込める水面上には、学術的にも貴重な黄色球状硫黄が浮遊しています。

 

 

周りには木道の散策路が整備され、その様子を間近で観察出来ます!

 

 

 

 

・洞爺湖のおすすめスポット!

洞爺湖 画像

 

周囲約43km、最大水深179,2mの洞爺湖。

 

美しい女神が棲むと言う伝説があり、

深いコバルトブルーが印象的です。

 

 

・洞爺湖汽船

洞爺湖汽船 画像

 

洞爺湖を観るのも良いですが、洞爺湖に浮かぶ

4つの島を巡る遊覧船「洞爺湖汽船」に乗ってみてはいかがでしょうか!?

 

 

湖上から眺める温泉街、有珠山や昭和新山の山容もまた別格です。

 

 

所要時間は約1時間で、乗船は1420円になります。

 

詳細はこちら!

洞爺湖汽船のHP

 

 

 

・レークトーヤランチ

レークトーヤランチ 画像

 

その他には、ホーストレッキングを体験してみてはいかがでしょうか!?

 

 

レークトーヤランチでは、大自然の中の乗馬が楽しめるんです。

 

 

所要時間40分のレークトレッキングは4860円

少しお高いですが、それ以上の価値はあります。

 

詳細はこちら!

レークトーヤランチのHP

 

 

 

・登別のおすすめスポット!

 

道内屈指の温泉地である登別は

何種類もの温泉が湧く歴史ある温泉郷です。

 

 

・地獄谷

地獄谷 画像

 

おさえてきたいのが、噴火活動で生まれた地獄谷です。

 

 

1万年ほど前に、日和山の噴火活動で生まれた約11万㎡にもおよぶ爆裂火口跡で

山肌からは白煙が立ち上がり、水蒸気が激しく噴き上る様子は圧巻です。

 

 

所要時間は約20分見学自由です。

 

詳細はこちら!

地獄谷のHP

 

 

 

・大湯沼川天然足湯

大湯沼川天然足湯 画像

 

大湯沼から流れ出す硫黄泉の川に木のベンチが

設置された足湯スポットです。

 

 

森林浴しながら足湯が楽しめ、リラックス出来ますよ◎

 

 

所要時間は約30分で無料で入れます!

 

詳細はこちら!

大湯沼川天然足湯のHP

 

 

 

・のぼりべつクマ牧場

のぼりべつクマ牧場 画像

 

 

登別温泉街からロープウェイで約7分、標高550m

クマ山、山頂でエゾヒグマを飼育展示している施設です。

 

 

大迫力のクマを間近に観察出来きます。

 

 

その他にもヒグマの博物館やリス園もあります。

 

詳細はこちら!

のぼりべつクマ牧場

 

 

 

 

・地球岬

地球岬 画像

 

登別市街から車で35分、JR登別駅から電車で32分行けば

室蘭に行けるんですが、絶対に行きたいのが地球岬

 

 

北海道でも屈指の絶景スポットです。

 

 

チキウ岬灯台が立つ高さ約120mの断崖の上にあり、

約14km続く岬の岩肌や、恵山岬、下北半島まで見渡せます。

 

詳細はこちら!

地球岬のHP

 

 

 

 

富良野・美瑛・旭川のおすすめスポットは!?

 

観光拠点となる富良野周辺には、ラベンダー畑

「北の国から」のロケ地が点在します。

 

 

CMやポスターに使用された風景が広がる美瑛ほか

北海道を代表する観光スポット、旭川動物園がある旭川と

話題のエリアなんです!

 

 

 

・富良野、美瑛のおすすめスポット!

 

夏頃ならばラベンダー畑をオススメしたいですが

ゴールデンウィークはシーズンではないです。

 

 

富良野は不朽の名作「北の国から」をはじめ

「風のガーデン」「優しい時間」という作品が生まれた地です。

 

 

舞台のロケ地を巡り、ドラマの世界を追体験してみましょう。

 

 

 

・五郎の石の家

五郎の石の家 画像

 

「95秘密」から「2002遺言」まで五郎が暮らした家です。

 

 

作中では5代目の家となり、60代を迎えた五郎が、

1つ1つ石を積み上げて作りました。

 

 

内部もそのままで、今にも五郎がひょっこり現れそうです。

 

 

入場料金は500円となります。

 

詳細はこちら!

五郎の石の家のHP

 

 

 

・拾って来た家〜やがて町

拾って来た家〜やがて町 画像

 

「2002遺言」で五郎が廃材を集めて建てた家。

 

 

コンテナなどを活用したユニークな造りで、雪子、

中畑の娘夫婦、純を結の家の3棟が並びます。

 

 

入場料は500円です。

 

詳細はこちら!

拾って来た家〜やがて町のHP

 

 

 

・麓郷の森

麓郷の森 画像

 

作中では「84夏」で全焼した丸太小屋や、3番目の家で見学出来ます。

 

 

敷地内にはレストラン・ショップ彩の大地館もあります。

 

 

入場料は500円です。

 

詳細はこちら!

麓郷の森のHP

 

 

 

・「北の国から」資料館

「北の国から」資料館 画像

 

撮影に使われた衣装や倉元氏の直筆原稿、

ドラマのセットなどを展示しています。

 

 

黒板一家の21年間をたどれるんです。

入場料は500円です。

 

 

詳細はこちら!

「北の国から」資料館のHP

 

 

 

・富良野市ぶどう果樹研究所

富良野市ぶどう果樹研究所 画像

 

昭和47年(1972年)設立で、当初から一貫して

富良野市内で栽培されたブドウのみを使いワインを製造しています。

 

 

昼夜の寒暖差で甘く育ったブドウで作るワインは、

数々のワインコンクールでも高評価を得ています。

 

 

ワイナリー内には見学コースがあるほか、

全銘柄が揃うショップも併設しています。

 

 

見学は無料となっています!

 

詳しくはこちら!

富良野市ぶどう果樹研究所のHP

 

 

 

・フラノマルシェ

フラノマルシェ 画像

 

物産センターの「アルジャン」と農産物直売所「HOGAR」

スイーツ&カフェの「SABOR」、テイクアウトショップの

「FURADISH」からなる施設です。

 

 

地元食材の加工品や野菜など2000点以上のアイテムがあります。

 

 

富良野の美味しいお土産が勢揃いしています。

 

 

詳細はこちら!

フラノマルシェのHP

 

 

 

 

・深山峠アートパーク

深山峠アートパーク 画像

 

70点のトリックアートを展示している美術館です。

 

 

観覧車や楽しい施設がいっぱいあります。

 

 

入館料は1300円、観覧車が600円です。

 

詳細はこちら

深山峠アートパークのHP

 

 

 

 

・吹上露天の湯

吹上露天の湯 画像

 

十勝岳連峰の中腹に湧く、無料の混浴露天風呂です。

 

 

大自然を間近に感じながら入浴が楽しめます。

 

 

ドラマ「北の国から/95秘密」で、五郎とシュウが

一緒に入浴したシーンでも有名です。

 

 

入浴は無料になります!

 

詳細はこちら

http://www.kamifurano.jp/stay/onsen/2115

 

 

 

 

・青い池

青い池 画像

 

JR美瑛駅から約17kmとひと足のばさないと行けませんが、

十勝岳の泥流対策工事で偶然出来た池が、

いまや美瑛を代表する観光名所になっています。

 

 

Apple社のMacの壁紙にも青い池の写真が採用され、

世界的なスポットとなりました。

 

 

 

さまざまな条件が重なり、青く輝くその様は、まさに自然の神秘。

 

 

足を延ばす価値ありの、1度は見ておきたい絶景です!

 

 

詳細はこちら!

青い池のHP

 

 

 

 

 

・旭川のおすすめスポット!

 

旭川と言えば旭川ラーメンを食べなきゃ帰れません。

 

 

定番の老舗から個性派まで、味わっておきたい

一押しの7軒を紹介します!

 

 

・蜂屋 五条創業店

蜂屋 五条創業店 画像

 

豚骨×魚介のWスープは、ダシに使うアジの風味が香るクセになる味です。

 

 

オススメはしょうゆラーメン、750円

 

 

詳細はこちら!

蜂屋 五条創業店の食べログ

 

 

 

・青葉本店

青葉本店 画像

 

創業は昭和22年(1947)で、旭川ラーメンの元祖とも言われる店の1つ

 

 

海の幸と陸の幸を使った秘伝のWスープは、

コクがありながらもスッキリしています。

 

 

オススメはしょうゆラーメン750円

 

詳細はこちら!

旭川ラーメン 青葉本店の食べログ

 

 

 

・らーめんや天金 四条店

らーめんや天金 四条店 画像

 

昭和27年(1952)創業で、豚骨と鶏ガラから

じっくり旨味を抽出したスープは、まろやかで味わい深いです。

 

 

中太縮れ麺との相性も抜群です!

 

 

オススメやしょうゆラーメン700円

 

 

詳細はこちら!

らーめんや天金 四条店の食べログ

 

 

 

 

・みそラーメンのよし乃本店

みそラーメンのよし乃本店 画像

 

醤油が定番の旭川にあって、味噌が看板と言う

昭和43年(1968)創業の老舗。

 

 

ショウガやニンニクのきいたピリ辛スープが絶品です。

 

 

オススメは味噌ラーメン750円

 

詳細はこちら!

みそラーメンのよし乃本店の食べログ

 

 

 

 

・ラーメン専科くさび

ラーメン専科くさび 画像

 

味噌ラーメンは「赤」や「麦」「合わせ」など5種類をラインナップ。

 

 

なかでも生薬を隠し味に加えた「黒」が人気です。

 

 

オススメは黒味噌756円

 

 

詳細はこちら!

ラーメン専科くさびの食べログ

 

 

 

・生姜ラーメン みづの

生姜ラーメン みづの 画像

 

豚骨に弱火で煮込む澄んだ醤油スープに

すり下ろし生ショウガを加えた「生姜ラーメン」が630円が名物。

 

 

詳しくはこちら!

生姜ラーメン みづのの食べログ!

 

 

 

・バオバブの木にバナナがなった。

バオバブの木にバナナがなった。 画像

 

旭川のラーメン激戦区・動物園通りにある人気店です。

 

 

オススメは旭川しょうゆホルメン850円

 

 

詳細はこちら!

バオバブの木にバナナがなった。の食べログ

 

 

 

 

・旭山動物園

旭山動物園 画像

 

定番ですが、時間がある人は旭山動物園に行かれてはどうでしょうか!?

 

 

昭和42年開園の日本最北の動物園です。

 

 

敷地内には約120種類640点の動物がいます。

 

 

 

「ホッキョクグマ館」「あざらし館」など

話題の施設が次々と登場し、現在では年間160万人が

訪れる全国区の人気施設です。

 

 

詳細はこちら!

旭山動物園のHP

 

 

 

十勝・帯広のおすすめスポットは!?

 

・北海道ガーデン街道のおすすめ!

 

大雪〜富良野〜十勝の人気ガーデンを結ぶ、

約250kmの北海道ガーデン街道がおすすめ。

 

 

全8庭園のうち十勝には5庭園が集中しています。

 

 

植生も環境も北海道ならではの庭園風景を楽しんではいかがでしょうか!?

 

 

・十勝千年の森

十勝千年の森 画像

 

世界で最も美しいと称賛された庭で、日高山脈の裾野。

 

 

広大な敷地に、4つのテーマガーデンを展開しています。

 

 

入園料は1000円となってます。

 

 

詳細はこちら!

十勝千年の森のHP

 

 

 

 

・真鍋庭園

真鍋庭園 画像

 

昭和41年(1966)開園の日本初のコニファーガーデン

 

 

日本庭園などテーマごとに構成された表情豊かな庭が見られます。

 

 

入園料は800円です。

 

詳細はこちら!

真鍋庭園のHP

 

 

 

 

・紫竹ガーデン

紫竹ガーデン 画像

 

園主の紫竹さんが子供の頃に夢見た花畑を作ろうと

チューリップえお植えたのが始まり。

 

 

22のゾーンに2500種もの花々を観賞出来ます。

 

 

入園料は800円です。

 

詳細はこちら!

紫竹ガーデン

 

 

 

 

・十勝ヒルズ

十勝ヒルズ 画像

 

丘の上に広がる「食と農」のテーマパークです。

 

 

個性的な8つの庭園のほか、園内で育てた

野菜が味わえるレストランもあります。

 

 

入園料は800円です。

 

詳細はこちら!

十勝ヒルズのHP

 

 

 

 

・六花の森

六花の森 画像

 

北海道を代表する菓子メーカー「六花亭」が運営しています。

 

 

 

カタクリやハマナスなど、包装紙に描かれた可憐な山野草が見られます!

 

 

 

入園料は800円です。

 

詳細はこちら!

六花の森のHP

 

 

・豚丼を食べよう!

 

帯広の名物グルメと言えば豚丼です。

 

豚肉に甘辛いタレを絡めて焼いてご飯にのせるシンプルな料理ですが

焼き肉の質や焼き方、タレの違いが際立ち食べ比べが楽しんです。

 

 

オススメ店5店舗を紹介します!

 

 

 

・十勝豚丼 いっぴん

十勝豚丼 いっぴん 画像

 

地元で愛されている豚丼専門店です。

 

 

低温熟成させたタレを何度も絡めながら

炭火で香ばしく網焼きするスタイルです。

 

 

詳細はこちら!

十勝豚丼 いっぴんのHP

 

 

 

・豚丼のはなとかち

豚丼のはなとかち 画像

 

厳選された、やわからな道産豚を、無添加の

自家製ダレを塗りながら丁寧に焼き上げています。

 

 

ロース肉とバラ肉の両方が味わえる半ばら豚丼が人気です。

 

 

詳細はこちら!

豚丼のはなとかちのHP

 

 

 

 

・ぶた丼のとん田

ぶた丼のとん田 画像

 

行列ができる人気店です。

 

 

2002年の創業で、タレが評判!

 

 

ロース、ヒレ、バラの3種類の豚丼があります。

 

 

売り切れで早めに閉店することもしばしば、、、

 

 

 

詳細はこちら!

ぶた丼のとん田の食べログ

 

 

 

・帯広 はげ天 本店

帯広 はげ天 本店 画像

 

昭和9年創業の天ぷらと郷土料理の老舗

 

 

甘さ控えめの秘伝のタレは70年以上前に作られました。

 

 

詳細はこちら!

帯広 はげ天 本店のHP

 

 

 

 

・元祖豚丼のぱんちょう

元祖豚丼のぱんちょう 画像

 

昭和8年創業で豚丼発祥の店として知られています。

 

 

豚ロース肉を炭火で網焼きにして甘い醤油ダレを絡める伝統スタイル。

 

 

詳細はこちら!

元祖豚丼のぱんちょうのHP

 

 

 

 

釧路・阿寒のおすすめスポットは!?

 

・トロッコ列車に乗ろう!

 

釧路と言えば、湿原面積約220k㎡の日本最大の

釧路湿原を列車で楽しむのがいいのではないでしょうか!?

 

 

 

・くしろ湿原ノロッコ号

くしろ湿原ノロッコ号 画像

 

釧路駅〜塘路駅間の湿原を行くJR釧網本線の季節限定の観光列車です。

 

 

眺望を重視した展望車両など車内の造りと、

走る速度ののんびり感がノロッコ号の醍醐味なんです。

 

 

心地よく列車に揺られ、車窓から湿原の絶景を眺めましょう!

 

 

詳細はこちら!

くしろ湿原ノロッコ号のHP

 

 

 

 

・勝手丼を食べよう!

勝手丼 画像

 

日本有数の水揚げを誇る港町・釧路。

 

 

そんな当地での大きな楽しみは、とびきり新鮮な海鮮グルメです。

 

 

好みのネタを選んで、丼ご飯にのせて自分で作る

釧路名物の勝手丼に挑戦してみてはどうでしょうか!?

 

 

 

・釧路和商市場

釧路和商市場 画像

 

昭和29年から、釧路市民の台所として親しまれてきた老舗市場。

 

 

鮮魚店や総菜、飲食店など約60店が軒を連ね、

水産加工品など、土産選びにも事欠きません。

 

 

市場内のお店で自分の好きなネタとご飯を購入し

気ままに作るオリジナルの勝手丼を作ってみてはいかがでしょうか!?

 

 

詳細はこちら!

釧路和商市場のHP

 

 

 

 

・阿寒湖に行こう!

 

特別天然記念物・マリモの生息地で知られる阿寒湖

 

阿寒湖 画像

 

 

雄大な自然に包まれ、湖畔には温泉街が広がっており、

「泊まる、見る、食べる、遊ぶ」を体感&満喫する事が出来ます。

 

 

 

・阿寒観光汽船

阿寒観光汽船 画像

 

湖畔の桟橋をスタートし、チュウルイ島に上陸、

その後桟橋へ戻るルートを巡る観光汽船です。

 

 

この遊覧船コースを利用した湖上遊覧は、

阿寒湖とその周辺の自然を満喫できるほか、

マリモ観察の時間が設けられている充実ぶりです。

 

 

 

詳細はこちら!

阿寒観光汽船

 

 

 

 

・阿寒湖アイヌコタン

 

阿寒湖アイヌコタン 画像

 

アイヌ民族が暮らし、その文化を守り伝承している集落がアイヌコタンです。

 

 

木彫りをはじめとする伝統的な民芸品店、アイヌ料理を提供する

飲食店など30軒ほどが軒を連ねています。

 

 

異文化を体感出来て楽しいです☆

 

 

詳細はこちら!

阿寒湖アイヌコタンのHP

 

 

 

 

知床・網走のおすすめスポットは!?

 

世界自然遺産に登録された大自然が魅力の知床半島。

 

知床半島 画像

 

 

ヒグマが棲む森の中にたたずむ知床五湖を訪ね、

知床岬へのクルーズを楽しんではいかがでしょう!?

 

 

 

網走の町では、博物館網走監獄オホーツク流氷館など

数多いミュージアムを訪れてみましょう。

 

 

 

・知床五湖を散策しよう!

知床五湖 画像

 

知床半島の原生林の中に点在する大小5つの湖を

歩いて体感する観光スポット。

 

 

静かな湖面に知床連山を映し出す風景は、知床八景の1つです。

 

 

 

・知床五湖フィールドハウス

フィールドハウス 画像

 

地上遊歩道は、大ループと小ループの2コースあり、

どちらも知床五湖フィールドハウスから反時計回りの

一方通行コースがあります!

 

 

ゴールデンウィーク時期は植生保護期で、散策前に、

歩く際の注意事項やマナーなど10分程のレクチャーを受けます。

 

 

 

受講後は2つのルートから選択し、個人散策出来ます。

 

 

詳細はこちら!

知床五湖のHP

 

 

 

 

・知床半島クルーズ

 

知床半島クルーズの醍醐味は、世界遺産の特別保護区に

指定されている半島の威容を海上から眺められる事です。

 

 

 

・ゴジラ岩観光

スクリーンショット 2016-04-04 6.44.41

 

 

主なコースは3つあります。

 

知床半島の全貌を眺めたいなら「硫黄山コース」

ヒグマ目当てなら「ヒグマウォッチングコース」

手軽に知床の自然を体験したいなら「知床岬コース」がおすすめです。

 

 

詳細はこちら!

ゴジラ岩観光のHP

 

 

 

 

・博物館網走監獄

博物館網走監獄 画像

 

網走刑務所が「網走監獄」と呼ばれていた明治時代の建物10棟と

再現建造物17棟を展示公開する歴史博物館です。

 

 

受刑者の人形が当時の過酷な監獄生活がリアルです。

 

 

また、受刑者に出された昼食のレシピを元に作った

体験監獄食が食べられるんです!

 

 

詳しくはこちら!

博物館網走監獄のHP

 

 

 

 

・オホーツク流氷館

オホーツク流氷館 画像

 

2015年8月に新流氷館がグランドオープン。

 

 

ー15℃に保たれた室内で本物の流氷を展示する

体感流氷テラス」や、五面のシアターで流氷や

その下に生きる生物などを上映する「流氷幻想シアター」などの

施設も充実しています。

 

 

 

入館料は750円です。

 

 

詳細はこちら!

オホーツク流氷館のHP

 

 

 

 

稚内・利尻のおすすめスポットは!?

 

宗谷岬とノシャップ岬の2つからなる、北海道島最北端の街が椎名です。

 

 

ここからフェリーに乗って、利尻山がそびえる森と

湖の島・利尻島に行くもいいですよ☆

 

 

・宗谷岬

 

北海道本島の最北端に位置する椎名市・宗谷岬。

 

天候が良ければ、わずか43kmの北方にサハリンも望めます。

 

 

 

・日本最北端の地の碑

日本最北端の地の碑 画像

 

北緯45度31分22秒、宗谷岬の突端に立つ

北海道本島の最北端を示す記念碑があります。

 

 

北極星をモチーフに、北を示すNと、

平和と協調を表す円形の台座を組み合わせたデザインです。

 

 

 

記念写真を撮る姿が絶えない観光スポットです。

 

 

詳細はこちら!

日本最北端の地の碑のHP

 

 

 

 

・宗谷丘陵

宗谷丘陵 画像

 

氷河期に繰り返された地表の凍結と融解が、

独特ななだらかな丘の風景を作り出しました。

 

 

牧場が覆う丘陵に風力発電の風車が林立します。

 

 

詳細はこちら!

宗谷丘陵のHP

 

 

 

・宗谷岬平和公園

宗谷岬平和公園 画像

 

宗谷岬の丘の上、眼下にオホーツク海を一望出来る公園です。

 

 

平和を願って作られた平和の鐘や祈りの塔などの

モニュメント、宗谷岬灯台などがあります。

 

 

 

 

・利尻島

利尻島 画像

 

稚内の南西約52kmの洋上に、三角錐に形をした利尻山が

そのまま浮かんでいるかのように見える利尻島。

 

 

 

森の中の湖や海岸の奇岩などを訪ねる、

島内一周のドライブがオススメです!

 

 

 

稚内から日帰りで楽しめるおすすめコースはこちら☆

 

JR稚内駅

↓車で5分

稚内フェリーターミナル

↓ハートランドフェリーで1時間40分

鴛泊港(おしどまりこう)

↓車で10分

①姫沼

↓車で20分

②オタトマリ沼

↓車で15分

③仙法志御崎公園

↓車で5分

④人面岩・寝熊の岩

↓車で10分

⑤島の駅 海藻の里・利尻

↓車で15分

⑥夕日ヶ丘展望台

↓車で5分

⑦ペシ岬展望台

↓車で1分

鴛泊港

 

利尻島 MAP 画像

 

 

 

・①姫沼

姫沼 画像

 

利尻山の山麓、原生林に囲まれた周囲約800mの小さな沼です。

 

 

沼の岸辺には散策路が整備され、島の声を聞きながら

約20分で沼を周遊することができます。

 

 

天気がよく風がなければ水面に映る

”逆さ利尻富士”を望めることもあります!

 

 

 

・②オタトマリ沼

オタトマリ沼 画像

 

スイレンが花を咲かせる広い沼の背景に、

利尻山がそびえる開放的な景観が魅力です。

 

 

北海道銘菓”白い恋人”のパッケージに描かれた山は、

ここから眺めた利尻山の姿なんです。

 

 

 

 

・③仙法志御崎公園

仙法志御崎公園 画像

 

島の最南端に位置する岬です。

 

 

利尻山の噴火で出来た奇岩や、利尻の海の生物を観察する事が出来ます。

 

 

 

・④人面岩・寝熊の岩

人面岩・寝熊の岩 画像

 

島の南海岸にある奇岩です。

 

 

人間の横顔のように見える「人面岩」の横に、

まるで熊が寝そべっているような「寝熊の岩」があります。

 

 

 

・⑤島の駅 海藻の里・利尻

島の駅 海藻の里 画像

 

築130年の商家という歴史ある建物を利用。

 

 

見て体験出来る海藻アートのギャラリーに、

昆布茶などが楽しめるカフェが併設しています。

 

 

 

・⑥夕日ヶ丘展望台

夕日ヶ丘展望台 画像

 

 

日本海や礼文島の島影をオレンジ色に染めながら

沈んで行く夕日をパノラミックに楽しめます。

 

 

刻々と移り変わる自然の光景を堪能出来ます!

 

 

 

・⑦ペシ岬展望台

ペシ岬展望台 画像

 

鴛泊港のすぐ近くにあるペシ岬。

 

 

高山植物が美しく咲く岬の突端に展望台があり、

フェリーが発着する港や、夕日が眺められます。

 

 

 

まとめ

 

長々と、かなりたくさんのスポットを紹介してきましたが、

北海道で遊ぶなら基本、車で移動する事をおすすめします!

 

 

広大な大地を満喫するには車が必須ですし

移動費用も安くなるのでレンタカーが断然お得です。

 

 

全て行きたいと感じるぐらい良い場所があり

どこに行くか悩むかと思いますが、

じっくり考えて旅行の計画を練って下さい!

 

 

ゴールデンウィークは北海道の穴場スポットで楽しい思い出を作ってきて下さいね♪

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 吉高由里子 画像
  2. 南海トラフ 画像
  3. ヒラリークリントン 病気 画像
  4. 井深克彦 画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「more!more!more!」とは!?

このサイトは「もっと知る”」「もっと詳しく」
「もっと賢く」をテーマに運営しております!

世間の疑問や悩み、役立つ情報などを
分かりやすくお届けします。